COVID-19ワクチン|本郷真砂ハートクリニック|文京区・春日駅徒歩1分

〒113-0033 東京都文京区本郷4-20-12
03-3814-1155

COVID-19ワクチン

COVID-19 vaccination

COVID-19ワクチン|本郷真砂ハートクリニック|文京区・春日駅徒歩1分

COVID-19ワクチン

当院での個別接種の概要

公費補助:

ノババックス社製ワクチン:12歳以上

ファイザー社製ワクチン:12歳以上 (3回目以降)

無料

当院では、新型コロナウイルスワクチン(ノババックス社製、ファイザー社製)の3回目接種の予約・接種が可能です。ご予約は当院の窓口、お電話、およびweb予約にて承ります。御予約の際には、お手元に接種券一体型予診票が必要です。

当院での接種日
ワクチンの種類と接種人数

現在予約受付を行っておりません

ノババックス社製 10名分

現在予約受付を行っておりません

ファイザー社製 若干名分
※ 12歳以上の3回目以降接種の方のみ

※ 予約キャンセル等が出た場合、予約受付終了後であっても接種枠に空きが出ることもあります。

予約に関する詳細なご案内

以下の内容をよくお読み頂いた上で、御予約をお願い致します。

当院では、3,4回目の接種券をお持ちであれば、どなたでも接種を受けて頂くことができます。

ノババックス社製ワクチンは、2回目接種から6か月後の同日以降の接種を予約して頂くことが可能です(6か月後に同日がない場合は、翌月の1日からの接種が可能)。
例:
 2回目接種が令和3年8月1日 → 令和4年2月1日から3回目接種が可能
 2回目接種が令和3年8月29日 → 令和4年3月1日から3回目接種が可能

ノババックス社製ワクチンを4回目接種に用いることは出来ませんので、ご注意下さい!

何らかの事情により、2回目に1回目と同じワクチンを接種することが困難な方は、当院にてノババックス社製ワクチンの接種が可能です(ご事情を伺いますので、必ず電話でお問い合わせ下さい)。

予約時には、お名前と接種券番号・市区町村コードをお伺いします。そのため、お手元に「接種券一体型予診票」が届いてから予約可能となります。

(防衛省・自衛隊 ホームページより引用)

接種当日は、①予診票(接種券一体型)、②本人確認書類(健康保険証、運転免許証等)、③お薬手帳(お持ちの方)を持参して下さい。院内混雑防止のため、予診票は予め御自宅にて御記入頂きますよう、お願い致します。

ワクチンは、接種を受ける方の予約の日に合わせて、必要分のみを都度取り寄せる仕組みとなっています。また、当日に接種の準備を行った段階で、そのワクチンは6時間で使用期限切れとなってしまいます。予約日時の厳守にご協力をお願い申し上げます。

接種当日、ご予約の時刻から2時間を過ぎても来院されない場合はキャンセル扱いとさせて頂くことが御座いますので、あらかじめご了承ください。

既に他の接種会場を予約されている方は、必ずそちらをキャンセルしてから当院の接種を御予約下さい。

当院では、万が一接種を受けた方に急な副反応(アナフィラキシー)が発生した場合に備え、治療薬(アドレナリン注射薬)や吸入用酸素、アンビューバッグなどの準備を整えています。

現在、モデルナ社製ワクチン、および小児用(5~11歳)ワクチンの予約受付は行っておりません。

当院で使用予定のワクチンの製造元 : ファイザー、武田薬品工業(米国ノババックス社から技術移管を受け、武田薬品工業が国内工場で製造・流通)

ノババックス社製ワクチンは、従来型ワクチンと同様の仕組みで作られたCOVID-19ワクチンです。十分な効果を有する一方、mRNAタイプのワクチンと比較して発熱などの副反応の頻度が少ないなどの特徴があります。

新型コロナウイルスワクチン接種前の注意事項

  • ワクチン接種前に案内をよく読み、必要性や副反応について十分に理解した上でお申し込み下さい。ご不明な点があればお気軽にご相談下さい。
  • 予診票には正確な内容を記入して下さい。
  • 新型コロナウイルスワクチン接種日の前後2週間以内に、他のワクチンを打つことはできません。

新型コロナウイルスワクチン接種後の注意事項

  • 予防接種後に生じる急な副反応(アナフィラキシー)に備え、接種後15~30分は院内にて待機をお願いしております。
  • 接種後、接種部位の痛みや頭痛、倦怠感、発熱などの副反応は比較的多く出現しますが、数日以内に改善します。
  • 接種当日の入浴は差し支えありませんが、接種部位を強くこすったり揉んだりしないで下さい。。
  • 接種当日は、激しい運動や多量飲酒を控えて下さい。

原則として新型コロナウイルスワクチンの接種を
受けることが出来ない方

  • 37.5℃以上の発熱がある方
  • 重篤な急性疾患にかかっている方
  • 新型コロナウイルスワクチンに対するアナフィラキシー等、重度の副反応を起こしたことのある方
  • その他、接種が不適当と考えられる方